CROSS TALK先輩 × 新入社員 対談

実際に働いて知った不動産の奥深さ リストなら、不動産業務のすべてを経験できると確信しています実際に働いて知った不動産の奥深さ リストなら、不動産業務のすべてを経験できると確信しています

上司だけれど他の上司とは違う、
すごく近い距離にいる存在

第一印象を聞かせてください。

岩岡:気が強そうだなと思いました(笑)。これは褒め言葉です。この仕事をやっていくうえでの強み、武器になります。自分の意志をしっかり持っているし、やると決めたらとことんやるタイプだと感じました。
その一方で、西上さんの成長スピードを速めるのも緩めるのもブラザーである私次第。責任ある役目に身が引き締まりました。

西上:そんなに気が強そうに見えましたか?(笑)
岩岡さんと初めてお会いしたのは、支店の歓迎会でした。気さくに話してくださったのを覚えています。リストへの就職とともに地元を離れ、こちらに引っ越してきました。初めての一人暮らしをスタートし、慣れないことばかりでとても不安でした。何をするにしても緊張の連続でしたが、職場にはブラザーとして岩岡さんがいる。そう思うと本当に心強く、とっても頼りにしています。先輩だけれど他の先輩とは違う、すごく近い距離にいらっしゃるのが岩岡さんです。

岩岡:新入社員の不安や緊張を解消するという点でも、ブラザー・シスター制度は意味があると思います。一番近くにいる先輩として何でも相談しやすいんじゃないかな?この制度は3年前にできたもので、私の新入社員時代にはありませんでした。当時を思い返すと、私は忙しい先輩方に遠慮してしまい、なかなか自分から質問することはできませんでした。ブラザー・シスターの先輩がいることで、メンターとしてのサポートだけじゃなくて、仕事上でのアドバイスがほしいときや困ったときに、何でも聞ける人がいるというのは、うらやましい限りです(笑)。

西上:そうなんです! 日々分からないことばかりなので、一人で悩まなくていいというのは本当にありがたいです。

岩岡:西上さんは自分から質問をどんどんしてくれるので、こちらからするとやりやすいです。まずは、自分でいろいろ考え、行動する中で、分からないことや自分では解決できないことは私に聞きにくるというスタイルでやっています。

ブラザーに学び、不動産だけではなく、
経済や法律の知識も身につけたい

日々の業務で意識していることは
どのようなことでしょうか。

西上:これまで何組かのお客様のご自宅を売却する契約をさせていただく中で、契約のパターンがお客様によって全く違うことに気付かされました。次から次へと目の前に現れる新しい課題を一つひとつ解決し、自分の力にできるように吸収しています。岩岡さんがすごいのは、どんな質問にも答えてくださること。私も早くそれだけの知識を身につけて、キャリアを積みたい。そのためには、不動産だけではなく、経済や法律の知識も身につけたいと強く思っています。

岩岡:そこまで言われると照れてしまいますね。西上さんの質問に答えるというのは、実は、私自身の勉強にもなります。襟を正すではないですが、正確な情報を伝えるために、最新の情報を常に収集したり、どのような説明だとわかりやすいか研究したり。私も、成長の機会をもらっています。
入社してからもうすぐ1年、西上さんも少しずつ自信がついてきているように感じます。自分でできることが増えてきて、一つひとつの行動、お客様へのアプローチもスムーズになってきています。唯一、ウィークポイントを上げるとすれば…(笑)。

西上:漢字の読み方が苦手です(笑)。学生のときには使わないような言葉が不動産売買の契約書にはたくさん出てきます。また、私は関西出身なので、東京や神奈川周辺の地名の読み方も苦手です。不動産会社で働いているのに、地名が読めないでは勤まらないので、猛勉強中です。

岩岡:「これなんて読むんですか?」「自分で調べろ!」って(笑)。
ときには、「ああ、そう読んじゃうんだ」って楽しませてもらっています。

西上:2年目になるとブラザー・シスター制度が終了し、私も後輩を迎える立場になります。後輩から頼ってもらえる先輩になるためにも一つでも多くのことを吸収したいです。

岩岡:西上さんは今まで会社にいないタイプで、おもしろくなりそうだなと期待しています。会社の未来を担う戦力になるという期待感が増すと同時に、その成長過程に関われたことが嬉しいですね。

その先の働き方を目指し、
今はさまざまな不動産ビジネスを学ぶとき

最後に、今後の目標を教えてください。

西上:もともと不動産業界に興味があり、アメリカ留学時には現地の不動産会社でインターンをしていました。就職活動中、総合不動産企業として、世界中に広がる不動産ネットワークを活用し事業を展開するリストに出会ったときは、直感で「ここだ!」だと思いました。

岩岡:西上さんは、最初に会ったときから、リストでキャリアを積みたいという想いが明確でしたよね。

西上:学生時代は視野が狭く、漠然と不動産がやりたいと思っていましたが、実際に働いてみて、知れば知るほど不動産の奥深さを感じています。将来の目標は世界を舞台に活躍することですが、そのためにはまずさまざまな不動産ビジネスを学ぶ必要があると考えています。総合不動産企業であるリストでは、あらゆるステップを経験することが可能だからこそ、その先の働き方を目指し、多くの人と出会い、多くを学びたいです。

岩岡:良くも悪くも完成していない会社、成長し続けている会社です。だからこそ、挑戦したいことを形にできる会社だと思います。入社9年、私も年次が上がるに連れ、それを強く感じています。西上さんのように将来へのビジョンがある人には自己実現ができる場であり、それをこれから創りたいという人には、目標が見出せる場になると思います。